睡眠薬通販・販売|エスゾピクロン・バスパー・眠剤の個人輸入

睡眠薬の種類・強さ・副作用・分類とその特徴・効果・口コミ

睡眠

睡眠薬使用の前に

投稿日:

睡眠薬

睡眠時間にこだわっていませんか?

よく,8時間睡眠といわれますが,必要な睡眠時間は人それぞで,4〜5時間でも十分な人もいれば9〜10時間必要な人もいます。日本人の平均は7時間前後で,6時間半〜7時間半くらいの人が大多数です。眠ろうと意気込んでも,それだけ長く眠れるわけではありません。

睡眠薬・精神安定剤デパスやエスゾピクロンの通販サイト

夜の睡眠を妨げる習慣がありませんか?
コーヒーなどに含まれているカフェインや,タバコの煙に含まれているニコチンは目を覚ます作用があり,しかもこの作用が数時間持続します。夜のコーヒー,タバコは不眠の原因となります。
アルコールを飲んだ直後には眠くなりますが,数時間たつ眠りを浅くする作用があります。また,アルコールを睡眠薬代わりに使用すると,すぐに効かなくなり,どんどん量が増えてしまいます。
長時間の昼寝は夜の睡眠を妨げます。昼寝は午後3時以前に30分以内にしましょう。
寝る直前に熱い風呂に入ると体が目覚めてしまいます。直前に入浴する場合はぬるめの湯にしましょう。
眠れないから睡眠薬?
ほかの重大な病気や,ほかの病気のための薬のせいで眠れなくなることがあります。睡眠薬がかえってよくない場合がありますので,こうした病気が隠れていないかどうか主治医とよく相談してください。
睡眠薬は安全です
現在使われている睡眠薬は,昔使われていた睡眠薬とは達うもので,正しく使えば安全な薬です。
「睡眠薬は1度飲みはじめたらやめられなくなる」「服用すると体に重大な害がある」「飲み続けると痴呆になる」などということはありませんので,医師の指示を守って安心して服用してください。
睡眠薬を処方されたら
1)お酒と一緒に使用しないでください
お酒と一緒に服用すると,アルコールと睡眠薬の両方の作用が強まります。ひどいふらつき,一時的な記憶障害,もうろう状態などの副作用が出現しますので、絶対に併用しないでください。
2)適切な時刻に服用してください
睡眠薬は自然な睡眠のリズムに沿って服用してください。夕方のうちから服用しても眠気は得られません。かえってふらついたりすることがあります。
3)空腹時は薬がなかなか効いてきません
極端に空腹だと胃腸の運動が減り,睡眠薬の吸収が悪くなります。夕飯は普通に食べてください。ある種の胃腸薬は睡眠薬の作用の吸収を遅らせたり増強したりします。ほかの病気で服用中の薬については必ず主治医に伝えてください。
4)服用後は速やかに床に入ってください
睡眠薬の種類や年齢によって多少異なりますが,服用してから20〜60分で効果が出はじめます。睡眠薬を服用した後に長く起きて活動していると,十分な効果が得られないだけでなく、ふらつきや健忘などがみられることがあります。
5)効果がなかったり,副作用があったときには速やかに主治医に申し出てください
睡眠薬にはたくさんの種類があり,患者さん1人ひとりに合ったものが見つかるまで,何種類かを試す必要があることもしばしばです。ためらわずに,副作用や薬の効果について医師に伝えてください。
6)服用は医師の指示を守り,自分の判断で増減したり,ほかの人とやりとりしないでください
急に薬の量を増やしたり,中断したりすると,かえって眠れなくなることがありますので,医師の指示を守ってください。
同じ睡眠薬でも1人ひとりその効果が違いますので,ほかの人と睡眠薬のやりとりをしないでください。法律でも禁止されています。
睡眠薬をやめるとき
「睡眠薬は危ない」と思ってなるべく早くやめようと無理をする人が多いようですが,現在使われている睡眠薬は医師の指示に従って正しく使えば.長期間飲み続けても安全です。また,睡眠に自信がついていないうちに睡眠薬をやめると,不安感のためにかえって眠れなくなることがあり,急にやめることでかえって不眠が強まることもあります。眠れないことへの恐怖感が和らいでから,主治医と相談しながら少しずつ減らしていくことが大切です。

ねぼけ

「夕べ夜中に起き出して.いろいろなことをしたらしいがまったく覚えていない」「夜.ねぼけて,大きな声を出したり.ベッドから落ちたり,歩き回ったりしてしまった」「夢でうなされて大きな声を出して目が覚めた」
こんなことがあると心配ですよね。
病気ではないもの
原因を取り除けば自然に治まります。
1)極端な睡眠不足,不規則な生活はありませんか?
極端な睡眠不足の時や,夜中に何度も起こされたりすると健康な人でもねぼけや一時的な記憶障害がみられることがあります。
2)お酒の飲みすぎはありませんか?
お酒を飲みすぎると気が大きくなって普段しないような行動をとることがあります。また,床に入る前のことをまったく覚えていなかったり,夜中に目が覚めたときに,はたから見ているとおかしなところはないのに.翌朝まったく覚えていないことがあります。お酒を控えめにしましょう。
特にアルコールと睡眠薬を一緒にとると,このような記憶障害が起こりやすくなります。アルコールと睡眠薬は決して一緒にとらないでください。
3)睡眠薬は医師の指示どおりに服用していますか?
睡眠薬は患者さんそれぞれの症状に合わせて処方されています。いつもより多く睡眠薬を服用したり,いつもと違う睡眠薬を服用したり.睡眠薬を飲んだ後いつまでも起きていると,ねぼけたような状態になったり,一時的な記憶障害が起こったりします。睡眠薬は医師の指示どおりに服用してください。
4)常用薬はありませんか?
パーキンソン病,心臓病,肝炎,胃潰瘍などの治療薬,精神安定剤の中にはこのようなねぼけ症状や,記憶障害を起こすものがありますので.常用薬のある方は主治医とご相談ください。
病気によるもの
1)レム睡眠行動障害
50歳代以降の男性に多い病気です。夢をみているときには脳からの指令が筋肉に伝わらなくなり,夢見内容に反応して実際に動き出したりしないようになっています。ところが,何らかの原因で,この機能がうまく働かなくなると,夢の中の行動が実際の行動として現れてしまい,怪物に追いかけられたので逃げる夢をみていてベッドから落ちてけがをしたりします。症状としては,大きな寝言や,殴ったりけったりする動作,逃げ出
そうとする動作が特徴です。声をかけ続けると,目覚めさせることができ,「夢の中で逃げていた」などとそのときのことを思い出すことができます。
2)てんかん
てんかんは脳の中で異常な放電が起こり,神経細胞が反応して身体のさまざまな部位が勝手に勁く発作が起こる病気です。
いろいろな種類の発作があり,大声を出したり,手足が動いたり,ねぼけたような行動の発作がみられることがあります。いつもまったく同じ動作を繰り返すことが特徴です。また,発作を起こした後,もうろう状態が数時間続くことがあります。
3)頭痛
片頭痛.群発頭痛では夜中に激しい頭痛が起こることがあります。こうしたとき,完全に目が覚めないのに起き上がってねぼけたような行勣がみられることがあります。声をかけ続けると目を覚まさせることができ,激しい頭痛があることが特徴です。頭痛の治療により改善します。
4)ナルコレプシー
ナルコレプシーは眠気が日中突然出現する病気ですが,このほかにも夜の寝入りばなの幻覚,夜中の金縛り,悪夢,寝言などの症状があり,こうした夜間の症状が日中の症状に先立って現れてくることがあります。
5)せん妄
重症の心臓病,肺疾患,肝臓病や,手術・大やけどの後などに,目覚めた状態を維持することができずにねぽけたような状態になることがあります。いくら起こそうとしてもなかなか目覚めません。ほとんどの場合,病気で人院中にみられます。高齢者ではせん妄を起こしやすく、風邪をひいただけで起こったり,心臓の薬,抗生剤などによっても起こることがあります。
多くの場合,身体の状態が改善するか,原因となった薬剤を中止すると自然になおります。
6)夜驚症,睡眠時遊行症
主にこどもでみられる病気で,おとなではまれです。夜,急に大声を出したり,起き上がって歩き回ったりします。声をかけてもなかなか目を覚ますことができず,かえって混乱して,興奮状態となることがあります。
7)そのほか
睡眠中に息が止まる睡眠時無呼吸症候群や,痛み,かゆみなどによって十分な睡眠がとれない場合に,慢性的な睡眠不足となり,ねぼけ行動がみられることがあります。
睡眠障害の専門医にご相談ください。

子供の眠り

生まれたばかりの赤ちゃんは泣いて.おっぱいを飲んで.眠るを約3時間ごとに繰り返します。生後3〜4ヵ月ごろに昼起きていて,夜寝ているというパターンが固まってきます。
☆うつぶせ寝はやめましょう
原因はよくわかっていませんが,うつぶせ寝では乳幼児突然死症候群の危険が増えます。赤ちゃんをうつぶせにしたときは.そばを離れないようにしましょう。
☆昼寝
昼寝は生後8ヵ月ごろには午前・午後各1回となることが多いようです。昼寝は午後3時半前にしましょう。遅くまで昼寝をしていると夜なかなか寝つけなくなります。
1歳2ヵ月を過ぎると,昼寝は午後1回となる場合が多いようです。1歳6ヵ月ではほとんどの子が昼寝をしますが,中にはまったく昼寝をしない子もいます。3歳になるとまったく昼寝をしない子は10〜15%います。昼寝をしなくて紀機嫌よく元気に遊んでいれば睡眠時間は足りています。
☆夜泣き
夜の授乳が夜泣きを固定させていることもあります。授乳を寝る前にすることで夜泣きが改善することがあります。昼間に昼寝が多すぎたり,活動量が少なすぎると夜泣きをすることもあります。昼間の運動量を調節しましょう。夜,部屋が明るすぎると昼夜のリズムが崩れて夜泣きすることがあります。赤ちゃんの寝室は暗くしてください。泣き方がいつもと違うときには,熱や痛みやかゆみはないかどうか,気温や湿度や着衣の具合はどうか確かめてあげてください。
☆入眠儀式
指しゃぶり,ほ乳瓶,おしゃぶり,特定のタオル・ぬいぐるみ・絵本などがこどもの寝つきに必要なことがあります。このような入眠儀式は60%前後のこどもでみられます。心配はいりません。
☆ねぽけ
こどもはおとなと比べて睡眠と覚醒の切り替え機能が十分発達していないため,なかなか目が覚めずねぽけることが多いようです。
昼寝のあとや,いつもより早起きさせると,ねぽけたり,むずがったりします。
夜眠っていて,突然悲鳴を上げたり(夜驚症:やきょうしょう),起き上がったり,歩き回ったり(睡眠時遊行症)することもあります。夜驚症も睡眠時遊行症も深く眠っているときに起こります。
目を開けていたり,ひと言ふた言返事をすることもありますが,すっきりと目が覚めない状態が続きます。無理に起こそうとするとかえって混乱状態になります。寝室から危険なものを取り除いて,刺激しないようにして見守ってください。2階の場合,階段や窓から転落する危険があるので,カギをかけるなどして対処します。
夜驚症や睡眠時遊行症は3〜8歳で多くみられ,思春期になると自然に現れなくなります。ねぽけ行動の回数が日に日に増える場合は専門医に必ずご相談ください。
☆おねしょ
5歳を過ぎても月に2晩以上おねしょをしてしまうと夜尿症と診断されます。治療の基本は,怒らずあせらずです。しかってもよい結果は期待できません,おおらかに見守りましょう。うまくいった朝には大いにほめてあげましょう。自然に治っていくことがほとんどです。
☆遅寝と睡眠不足
夜遅くまで起きているこどもが増えています。保育園・幼稚園・学校があると朝寝坊はできませんので,遅くまで起きていると睡眠不足となってしまいます。こどもでは身体と脳の成長のために睡眠が大切です。睡眠不足が続くと成長が妨げられるだけでなく,血圧が上がったり糖尿病の遠因になったりします。遅寝の習慣を早寝にするには,まず早起きをさせて朝の明るい光を浴びることが大切です。こどもではおとなよりも睡眠時間が長く8〜11時間程度ですが,必要な睡眠時間は1人ひとり違います。睡眠不足かどうかの目安は.昼間機嫌がよく,元気に遊んでいるかどうかです。
☆こどもの睡眠時無呼吸症候群
口の奥にある扁桃腺が腫れると,空気の通り道が狭くなります。
こうしたこどもの場合,眠りについて全身の筋肉がゆるむと呼吸が止まり.ついで眠りが浅くなって呼吸が戻り,また眠りについて呼吸が止まり,という状態を一晩中繰り返すことがあります。この状態を睡眠時無呼吸症候群といいます。扁桃腺が一生の中でもっとも大きくなる5〜8歳くらいに多くみられます。睡眠中の症状は,イピキ,息を扱い込むときに胸がへこむ,苦しそうにもがく、おねしょなどです。夜十分な睡眠がとれないため,昼間には眠気,集中困難、落ち着きのなさがみられます。長期間続くと胸がへこんで漏斗胸と呼ばれる状態になったり高血圧になったりします。治療は扁桃腺をとることです。

概日(がいじつ)リズム睡眠障害

「学校や職場に行きたいのに,どうしても朝起きられない」「学校や職場に間に合うように眠ろうとしても,午前3時を過ぎないと眠れない」
睡眠相後退症候群というリズム障害です。「宵っぱりの朝寝坊」が治せなくなり、早朝まで眠れず、昼まで起きられないパターンです。これにかかると、仕事や学業に支障がでます。高校生250人に1人くらいと推定されています。
「起きられる時刻が毎日1〜2時間ずつ遅れる」「1ヵ月に1週間くらい昼夜逆転になる」
非24時間睡眠覚醒症候群というリズム障害です。眠れる時間帯が毎日ほぽ1〜2時間遅れていきます。したがって、3〜4週おきに昼夜逆転が起こります。
「睡眠が不規則なので,明日の予定がたてられない」「思いがけない時間に眠くなり,昼夜のめりはりがつかない」
不規則型睡眠覚醒パターンというリズム障害です。日中に起きていて、夜に眠るという自然なサイクルが失われています。
「毎朝午前3時ごろに目が覚めてしまう。気分はハイでもブルーでもない」「夜7時になると眠くて起きていられなくなる」「朝は2〜3時から目覚めてしまうj
睡眠相前進症候群という,まれな病気の可能性があります。年をとるにつれて、早寝早起きになる傾向がありますが、それが極端になった病気です。昼間の仕事はできますが、家族や友人といっしょに余暇を過ごせないことが問題となります。
「日勤と夜勤の交代勤務を続けてきたが,最近,夜勤のあとよく眠れなくなった」「夜勤のあと朝10時ごろから眠ろうとするが,疲れているのに眠れない」
交代勤務関連睡眠障害の可能性があります。
交代勤務への適応性には、年齢差や個人差があり、女性に比べ男性、年齢が高いほど適応しにくくなります。
こうした悩みが1ヵ月以上続いている場合は,近くの小児科や内科の先生に相談して睡眠障害外来を受診してください。

ナルコレプシー

こんなことで悩んでいませんか?
1.とんでもないときに睡魔におそわれ,失敗する
2.笑ったり,驚いたりしたときに腰がくだけてへたりこむ
3.寝入りばなに金縛りにあう
4.寝入りばなにリアルで恐い夢(幻覚)をみる
1と2が両方あれば,あなたはナルコレプシーという病気に
かかっている可能性があります。そのほか,3と4もナルコ
レプシーではよくみられる症状です。
ナルコレプシーとは?
●居眠り病とも呼ばれるように、昼間に眠気が強くなる病気です。危険な作業中や食事中,デートの最中など、普通には眠気が起こらない状況でも居眠り(睡眠発作)が起こってしまうことが特徴的です。
●笑ったり驚いたときに、一瞬から数分の間、全身,あるいは体の一部の力が抜ける発作(情動脱力発作)が起こることも特徴です。このとき,意識は正常です。
●寝入りばなに、金縛り、恐い夢(幻覚)を経験することがあります。
●1万人から千人に1人の割合でみられる病気であり、決してまれなものではありません。
●原因は不明ですが、睡眠の起こるメカニズムと関係した良性の病気です。
●よいお薬があります。
どんな治療法がある?
眠気と居眠りの発作を抑えるお薬(リタリン,ベタナミン)脱力を防ぐお薬(アナフラニール,トフラニールなど)
規則正しい生活を送ることと、十分な睡眠をとることも大切です.

睡眠薬・精神安定剤デパスやエスゾピクロンの通販サイト

-睡眠
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不眠症の原因

目次1 体の病・心の病2 精神障害と不眠症 不眠症の原因 体の病・心の病 身体疾患とのかかわり 不眠症には、身体疾患によって引き起こされるケースが少数ながら報告されている。代表例としては、睡眠中の足の …

睡眠時随伴症

目次1 覚醒障害2 睡眠覚醒移行障害3 通常レム睡眠に伴う睡眠時随伴症4 その他の睡眠時随伴症4.1 睡眠時歯ぎしり4.2 睡眠時遺尿症4.3 睡眠関連異常嘔下症候群4.4 夜間発作性ジストニア4.5 …

睡眠薬の飲み方と飲むときの注意

目次1 不眠のタイプに合う睡眠薬を選ぶ1.1 睡眠薬はやめられるかー睡眠薬を正しく理解する2 睡眠薬に関するQ&A3 睡眠薬用語解説3.1 主な睡眠薬 睡眠薬の飲み方と飲むときの注意 これまで …

体外にある不眠や過眠の原因

目次1 外在因性睡眠障害2 不適切な睡眠衛生ー日常の行動習慣が原因3 環境に原因のある睡眠障害がある4 睡眠不足の常習者はさまざまな症候を示す5 食物のせいで不眠がおきる6 皮肉にも睡眠薬が睡眠障害を …

さまざまな睡眠障害とその解消法2

目次1 過眠症 ナルコレプシー2 ナルコレプシーの薬物療法について3 概日リズム睡眠障害4 時差ぼけとメラトニン4.1 自然の光を有効に使う4.2 睡眠薬の助けを借りる4.3 メラトニン製剤を試みる5 …