睡眠薬通販・販売|エスゾピクロン・バスパー・眠剤の個人輸入

睡眠薬の種類・強さ・副作用・分類とその特徴・効果・口コミ

睡眠

睡眠障害の原因は生活リズム

投稿日:

睡眠障害の原因は生活リズム

どんな概日リズム睡眠障害があるか

このページでは、「概日リズム睡眠障害」を紹介します。概日リズム睡眠障害とは、日常生活の基本である体内の活動と休息のリズムが、体外の昼夜リズムない
し社会の活動リズムと同調しないことから進展する障害です。行動のタイミングが好ましくないだけで、それ以外に精神的あるいは身体的な欠陥があるわけではありません。七種類に分けられています。七番めの特定不能の概日リズム睡眠障害には、いまのところ該当する疾患はありません。
時間帯域変化症候群と交代勤務睡眠障害とは、あきらかに人為的な原因によって発生するいわゆる時差ぼけです。原因がはっきりしているにもかかわらず、社会活動ゆえに回避できないところが現代を象徴しています。ちなみに、サマータイムのようにたった一時間時刻をずらすだけでも、最初の週に交通事故が急増したり、体調を崩したりします。一九九九年に日本睡眠学会は特別委員会を設けて、サマータイムの導入に反対する姿勢を示し
ています。
不規則型睡眠・覚醒パターンは、一日の睡眠総量は正常範囲にありながら、その配分がきわめて不規則で予測できなくなる疾患です。それゆえ、睡眠と覚醒の時間経過にリズム性がほとんど認められません。睡眠量がすくないことを除けば、新生児のような生活をつづけるわけです。
睡眠相前進症候群と睡眠相後退症候群は、睡眠の時間域が望ましい時刻からそれぞれ前後にずれるところが問題となる疾患です。しかし、二四時間周期を維持している点は正常です。
非二四時間型睡眠覚醒症候群は、活動休息リズムが昼夜リズムと同調できなくなり自由継続(フリーフン)することから生じる睡眠障害です。全盲の人や洞窟のなかなど社会から隔離された生活をする人では古くから知られていましたが、最近では人工環境で昼夜リズムとかかわりなく生活する人がふえて、この症例が増加しつつあります。
現代技術文明が生んだ歪み
1日24時間という拘束から自由になれることは、一見自然に対する人間の輝かしい勝利であるかのようにみえます。しかし、人間もまた自然物の一員です。人間はロボットのように働きつづけることができない設計になっています。
現代技術文明が人間の外なる自然環境を破壊してきたように、現代技術文明はまた人間の内なる自然環境を破壊しつつあります。親日リズム睡眠障害とは、人体内部環境の自然破壊による症状と理解すべきものでありましょう。この睡眠障害は、概日リズムの発信源である脳内の生物時計が、乱調をおこしたせいで生じる病気です。
人間の生物時計は生まれつき約二五時間の周期をもっています。
つまり、人間の脳は一日を二四時間ではなく、約二五時間とみなしています。脳は外界の明暗リズムを主要な同調因子(ツアイトゲーバー)として、毎日約一時間の生物時計の遅れを修正しながら、生体諸機能を二四時間リズムに同調させているわけです。
生物時計が厳密に二四時間周期ではない内因性リズムをもっていることは、地表の生物にとって生存上きわめて有益であったゆえに、概日リズムは遺伝子情報としてほとんどの生物の設計図のなかに組みこまれてしまったのです。
ほかの多くの生体機能と同様に、概日リズム系の機能ももともと柔軟性に富むものであり、それゆえに外界のリズムに容易に同調できる性質をもっています。しかし、外界のリズムが自然界のような規則性を保つとはかぎらない人工環境では、一日の長さがある範囲を超えて不規則になると、生物時計はもはやそれに追随できなくなり、やがて異常なふるまいをしたり、生まれつきの約二五時間の周期を自由継続させることになります。
そうなると、当然ながら一日二四時間の外界リズムや社会リズムとの不調和がおこり、さまざまな歪みの原因となります。睡眠障害が誘発されることもあります。自然の規則性からの解放を企てた現代人が、自分自身の固有の生物時計の存在ゆえに、かえって被害を受ける結果になり、これまで体験しなかったような新しい睡眠障害の原因をつくってしまったのは皮肉なことです。
時差ぼけは急性の睡眠障害である
最初にとりあげるのは、「時間帯域変化(時差)症候群」です。多数の時間帯域を急速に通過する旅行のあとにおこり、睡眠を開始し維持することが困難になり、過度の眠気とともに昼間の覚醒レベルや作業の遂行能力が低下し、食欲不振や胃腸機能の変調などの身体症状が生じます。いわゆる時差ぼけあるいはジエットラグです。症状の程度と長さは、通過する時間帯域の数、旅行の方向(束か西か)、出発と到着の時刻、当人の感受性によって、かなり異なります。
ほかの睡眠障害とくらべて、時間帯域変化(時差)症候群の原因ははっきりしています。体内には時差に対してすぐには変化できない生物時計があるせいです。生物時計が出発地の時刻のままになっているからです。生物時計は、一日あたり、束向き飛行では平均六〇分しか位相を前進させることができませんし、西向き飛行では平均九〇分しか位相を後退させることができません。ですから、時差が10時間前後ある地域へ急速に飛行すれば、時差解消まで症状は数日間つづくことになります。束向きに飛行するほうが西向きより症状が長くつづきます。生物時計は位相を後退させるほうが容易だからです。睡眠と覚醒以外の生理機能がすべて適応するには、八日以上かかる場合があります。
時差ぼけは、睡眠と覚醒のリズムの睡眠相で起きつづけ、覚醒相で眠ろうとするためにおこります。しかも、各種のリズムにはそれぞれ順応に遅速があるので、リズム間に不調和(脱同調)が生じます。たとえば、体温のリズムやホルモンのリズムがばらばらになり、睡眠と覚醒のリズムと同調しないので、倦怠感がおこるのです。
大多数の人にとっては、時差ぽけは軽い不調にすぎず、重症であっても、症状は飛行後せいぜい三日めまでのかぎられたものです。いっぽう、時間帯域をまたいで往復する旅行をくりかえす航空機乗務員や外交官や多国籍企業の幹部役員などは、睡眠障害、昼間の倦怠感、焦燥感、遂行能力の障害など慢性症状を経験します。そのため、社会的ないしは職業的な機能障害を招くこともあります。
時差症候群はあらゆる年齢層におこりますが、五〇歳以上の人は三〇歳以下の人よりも時差症状を生じやすく、その程度が強いようです。神経過敏な外向的性格の人は神経過敏な内向的性格の人よりも早く再同調することが知られていますから、時差症状はより軽いはずです。

交代勤務も睡眠障害を伴うことがある

つぎは、「交代勤務睡眠障害」です。しごとの時間割のせいで一過性の不眠または過度の眠気を生じる障害です。交代勤務や当直や不規則なしごとが、ふつうなら眠る時間域に組みこまれるのが原因です。
典型的には、夜間の勤務のあと、明け方に眠ろうとすると睡眠が持続しないというものです。睡眠時間は一時間から四時間までに減少し、主としてレム睡眠と段階二のノンレム睡眠が減少します。寝入ってもひんぱんに目が覚め、睡眠は分断されます。起きたときには爽快感や回復感がありません。寝室の環境を改善しても眠れないのです。
また、勤務時間域にも過度の眠気があり、仮眠が必要となったり、注意力が落ちるため精神機能も作業能力も低下して、安全面にも影響が出ます。夜勤のさいに眠気がひどいのは、睡眠不足があるうえに、概日リズムの休息相に活動を強いられるからです。そんなことから、自由時間の大部分を睡眠を取り戻すために当てなければならない事態にもなります。そのため、夫婦間にひびが入ったり、家庭外での対人関係にも支障をきたしたり、いらいらしたりすることが多くなります。さらに、慢性的な睡眠障害につながることも考えられます。薬物やアルコールの依存におちいることもあります。
交代勤務者は、ふつう年齢が上がるとともに、日中に眠りにくくなります。また、朝型の人は夜間勤務になると、日中の睡眠時間は短くなります。特定の時間に眠りたいという要求が強い人では、とりわけ睡眠時間が短くなりやすくなります。
早朝勤務者を除いて、どの国でも人口の5〜8パーセントは交代勤務についています。
夜間勤務につくと、大部分の人が交代勤務睡眠障害を経験します。ですから、じつに人口の2〜5パーセントという多数の人が、この睡眠障害を発症していることになります。
最近わが国では、従来の三交代制(日勤、準夜勤、深夜勤)に代わって、二交代制(日勤、夜勤)が導入されつつあります。労働省産業医学総合研究所の有藤平ハ郎部長らの調査研究によると、条件さえ整えれば、二交代制のほうが睡眠障害や職業性ストレスを軽減するということです。
寝起きがでたらめな睡眠障害
第三は、睡眠や覚醒の時間的配列が崩れてぱらぱらに出現し、一日のうちどのような時間域にも眠ってしまう「不規則型睡眠・覚醒パターン」です。一日の平均睡眠時間の総量は年齢に応じた正常範囲にありますが、一回ごとの眠りは正常とはいえません。
症状は、入眠しにくく睡眠を維持しにくい、昼間に過度の眠気があるなどさまざまですが、これらが同時にみられることもあります。居眠りと不眠とが、たがいに相手を強め合っています。この疾患をもつ患者が入院すると、夜間に興奮したり徘徊したりするため、看護者が拘束したり投薬しなけれぱならないことがあります。しかも、家族が見舞いにきたときには、めったに目を覚ましていないとぐちをこぽされます。
睡眠の開始や終了の時刻には、親日リズムや昼寝のリズムが認められません。ホルモンや体温などのリズムも失われています。一日にすくなくとも三回眠ります。新生児の睡眠・覚醒パターンに似ていますが、新生児ほど一回の睡眠時間が短くはありません。覚醒期には、認知機能の障害と眠気が生じます。
この症候群は、先天的あるいは後天的な重い脳機能障害をもった患者に最も多くみられます。認知力が正常な人でも、ペッドで長い時間を過ごし日中よく居眠りをするとおこりやすくなります。しかし、ご殼的にはきわめてすくない疾患です。

夜型人間の睡眠障害

第四は、「睡眠相後退症候群」です。就寝に望ましい時刻に眠ることができず、それよりもはるかに遅れて眠り、起床に望ましい時刻に覚醒することができず、それよりもはるかに遅れて起きるという障害です。実際の入眠時刻は毎日ほぼ同じ時刻ですから、生活は規則的です。いったん寝人れば、眠りつづけることに問題はありません。入眠や起床の時刻をむりにまえにずらしても、睡眠の位相そのものを前進させることが困難あるいは不可能です。
患者は典型的な夜型(フクロウ型)人間で、夕方から夜にかけて最も能率があがり、目が冴えてくると答える人たちです。慢性的な入眠困難がありますが、比較的一定の時刻(ふつう二時から六時にかけて)に寝つき、以後はほとんど目が覚めません。会社や学校に行くためむりに起きれば、睡眠時間が短縮されることになり、午前中に強い眠気が残ります。そのため、社会的あるいは職業的な義務を果たすことがむずかしくなります。厳密に時間割を守る必要がない週末や休暇中には、9時間から12時間の睡眠をとって、朝遅くあるいは昼過ぎまで寝ています。眠りは正常ですが、位相は遅れたままです。
患者は早く寝つけないために悩みます。入眠時刻をすこしでも早めようと努力しても、多くの場合は失敗します。ふつうの睡眠薬では効果がないし、かえって朝の起床困難や日中の眠気を増悪させてしまうのです。
この疾患は、夜遅くまで勉強したり、パーティーに出かけたりしているうちに始まることがあります。また、準夜勤や夜勤のしごとがきっかけになります。患者のなかには、いろいろな鎮静剤を使ったけれど、効果が長つづきしないので止めてしまったという経歴の人が非常に多くみられます。
思春期はとくにこの症状の出やすい年代です。睡眠相後退症候群は、月単位から10年単位で継続します。おとなの患者には、小児期早期まで遡って、その傾向が認められることがあります。重い精神病理的な問題によっておこるときや、鎮静剤やアルコールの乱用と合併したときには、合併した要因が除かれるまで継続します。
有病串は知られていませんが、不眠を訴える患者のごく一部(5〜10パーセント)とみなされます。最も発生率が高いのは思春期で、発生率は7パーセントという調査データがあります。三〇歳以降の発症は稀です。
睡眠相後退症候群の患者は、外界の時刻の手がかり(同調因子)に同調して位相を前進させる反応がふつうの人より弱いと考えられています。
睡眠相後退症候群には、さまざまな社会的障害が伴います。不登校や欠勤あるいは常習的な遅刻があるため、学校や昼間の勤めをつづけることがむずかしくなります。ほかの面では問題がないのに、多くの場合、家族や学校の級友や勤務先の同僚や上司から、怠け者とか、意欲がないとか、精神的な病気だとみられがちです。睡眠相後退症候群がそのままうつ状態になるのか、うつ状態のために睡眠相後退症候群になるのかは不明ですが、当人は絶望的になりがちです。また、慢性的に鎮静剤やアルコールを飲むことにもなり、症状はややこしくなります。

早寝早起きから抜けられない

第五は、「睡眠相前進症候群」です。就床に望ましい時刻まで起きつづけることができず、それよりもはるかに早く眠り、起床に望ましい時刻まで眠りつづけることができず、それよりもはるかに早く起きるという障害です。そのため、夕刻に強い眠気が慢性的に現れます。
患者は典型的な朝型(ヒバリ型)人間で、通常の社会生活に合わせようとしても、夜間の入眠時刻や朝の覚醒時刻を遅らせることがいちじるしく困難です。しかし、覚醒時に気分障害はふつうありません。日中の学業や勤務にはとくに差し支えはないのですが、社会の活動時刻よりはるかに早い時刻に帰宅しなけれぱならないため、残業できません。
典型的な場合、入眠時刻は18時から20時のあいだで、21時より遅くはなりません。覚醒時刻は一時から三時のあいだで、5時より遅くはなりません。もっと遅い時刻に寝ようといくら努力してもこの時刻になってしまうのです。
こうした生活パターンから、早く寝るために夕方早くから活動を止めてしまい、そのために対人関係や社会生活で好ましくない結果が出てきます。集まりのなかで眠ってしまったり、運転中に眠気が襲ったり、実際に眠ってしまったりという問題をおこします。このような患者が、たまたま夕方や夜間の交代勤務についたりすると、夜あるいは早朝まで起きていることがいちじるしく困難になります。
睡眠相前進症候群は、あきらかに稀な障害です。高齢者におこる可能性が高いと考えられています。
生物時計主導のリズムで生活する睡眠障害がある
最後は、「非二四時間型睡眠覚醒症候群」です。社会生活をしているにもかかわらず、入眠と覚醒の時刻がまいにち1〜2時間ずつ遅れるという状態が、慢性的につづく障害です。時間の手がかりのない状態に隔離されたとき、正常人にもみられる寝起きのパターン(自由継続・フリーフン)と同じ状態が、日常生活のなかで継続するわけです。
二四時間周期の社会ないし環境の時刻の手がかりが存在するにもかかわらず、それらとは同調せずに、体内の生物時計にしたがって寝起きするわけです。ですから、睡眠相が正常人の位相と一致したり、外れたりすることがくりかえされます。一致しているあいだは睡眠障害はありませんが、ずれが大きくなるにつれ、夜間寝つけなくなり、日中へ眠りがずれこみ、起きていられない状態になります。

睡眠薬・精神安定剤デパスやエスゾピクロンの通販サイト

-睡眠
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

睡眠時無呼吸症候群の治療のすべて

目次1 CPAPの種類2 口腔内装具(マウスピース)3 外科手術4 薬物療法5 厚生労働省の考え方6 国土交通相の考え方 睡眠時無呼吸症候群の治療のすべて SASは治る 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の …

睡眠の基本を知ろう

目次1 睡眠について改めて考える2 睡眠の起源はどこまで遡れるか3 睡眠には2種類あるレム睡眠とノンレム睡眠4 睡眠には約90分のサイクルがある5 睡眠不足の解消法6 よい睡眠の基準はあるのか7 睡眠 …

朝起きられない原因と改善策

目次1 よい生活習慣を身につけよう2 入眠儀式と起床儀式3 睡眠環境の問題から陥る不眠4 寝相と歯ぎしり・いびき5 妊娠したときの快眠法6 冷え性と更年期障害7 旅先のホテルでもしっかり快眠 朝起きら …

睡眠と夢

目次1 夢は脳が作り出す世界2 夢の採取法3 夢に現れる日々の体験4 「羊の夢」 睡眠と夢 夢は脳が作り出す世界 古くからの関心事 人はなぜ夢を見るのか。夢にはどのような意味があるのか?太古の昔より、 …

睡眠薬に頼らずに快適な睡眠を手に入れる

目次1 寝室にスマホを持ち込まない。スマホは深い睡眠を阻害する2 電磁界によるガンのリスク3 電子機器が睡眠を破壊する4 脂肪過多が睡眠を阻害する5 ホルモンの働きをダイエットで正常化させる6 脂肪を …