革のダイヤモンド×YUHAKUの染色技術・YFC111コードヴァン束入れ 純札

革のダイヤモンドとも呼ばれる馬の臀部の革・コードヴァンを使用したシンプルな純札。コードヴァンは紳士用の靴にも用いられる強度の高い素材で、男性のみなさんにとってあこがれの素材ともいえるのでは?熟練した技術をもつ財布職人がしか手掛けることのできない純札をコードヴァンで作ることで、どんなシチュエーションでも気後れしない、上質の長財布に仕上げています。

長持ちする純札だからこそ、この染色方法を選びたい

小銭入れはなく、紙幣とカードのみを収納できる純札タイプは型崩れやヨレがほとんどなく、長年使用することができます。それだけに、外装は色あせしにくい素材を選びたいもの。 このグラデーション染めは、染料を少しずつ染み込ませていくため革の繊維にまで染料が入り込み、他の素材と比べると色あせがしにくいと言われています。

見る角度によっても微妙に表情を変える美しさはまさにYUHAKUの真骨頂。 表面が滑らかで密度の濃い繊維が特徴のコードヴァンをグラデーション染めするのは容易ではなく、他ブランドでは顔料を塗って平面的な染色を施しているものがほとんど。このグラデーションはYUHAKUだからこそできる、繊細な色使いであると言っていいでしょう。

また内装には生後6か月から2年以内の牛の皮を素材にした強度の高いキップスキンを用いることで、カードや紙幣の出し入れをしてもヨレないように配慮されています。

シンプル・イズ・ザ・ベストの純札

小銭入れのない純札は熟練した技術をもつ財布職人の腕の見せ所とも言えます。ひと針ずつ正確に走るステッチと美しくツヤのあるコバは1日に何度も手に取ってみたくなるような美しさ。使い続けるほどにツヤが増していく様はまさにコードヴァンだけがもつ魅力といっていいでしょう。

また紙幣なら20枚、カードポケットが12か所も備えてあるため、普段使いの財布としてはもちろんのこと、冠婚葬祭などのフォーマルや大切なビジネスの席での使用にも最適です。

普段使いと併用するなら、YUHAKUらしいブルーやワインを、フォーマル用ならブラックかブラウンがオススメ。コードヴァンの艶めきがあなたのセンスをアップしてくれるでしょう。そろそろひとつ、本当にいい財布が欲しい…そんな大人の男性にオススメの長財布です。