小さな宝石のような美しさ・YUHAKU コブウェブシリーズのクロコダイルBOX小銭入れYFA152

エグゼクティブな印象のあるエキゾチックレザーの中でも最高峰と呼ばれるのがクロコダイル革。男性の皆さんなら一度は使ってみたい!と思ったことがあるのではないでしょうか。そのクロコダイル革を贅沢に使用したコインケースがこちらのコブウェブシリーズ・クロコダイルBOX小銭入れです。

YUHAKUだから、ここまで美しい。ナイルクロコの魅力

このシリーズの名前であるCobweb(コブウェブ)は蜘蛛の巣という意味。ウロコ状の模様がまるで蜘蛛の巣のように見えることからこの名前が付けられました。 使用するのはワニ革のなかでも数が少なく、希少価値が高いナイルクロコ。

整然と並んだウロコ状の模様が美しい、このナイルクロコの腹部の皮を使用し、模様が一番美しく見えるように配慮して慎重に裁断を行うのだとか。 このように、独自の模様によってすでに個性のある表情を持つ革にYUHAKU独自の染色方法でもうひとつの表情を重ねていきます。表面に凹凸のあるクロコ革の染色は難しく、通常は顔料を塗って、メノウやガラスなどで磨きあげるグレージング加工して鏡のようなツヤを出しているものがほとんど。それに対して、YUHAKUでは手間と時間をかけて丁寧に手染めを施し、独自の重厚感をプラスすることに成功しました。

また通常のグレージング加工のような不自然なテカリはなく、上品で洗練されたツヤを楽しむことができます。さらに予約商品の場合、「明るめのトーンに染めて欲しい」「ダークトーンにしてほしい」といった要望にも応えてくれるのだそう。まさにオーダーメイド感覚でできる贅沢なコインケースです。

内装は使いやすく、丈夫なキップスキンで

内装には生後半年から2年以内の牛革を使用。傷やシワが少なく、銀面がなめらかなのが特徴で皮が厚いため、強度が必要なパーツに使用される素材です。 内部は箱のように開くマチがついた使いやすい構造。中身が一目瞭然で見渡せるので、支払い時にまごつくこともありません。

また内装の革は内側にテンションがかかるように設計されているため、摩耗が最小限に抑えられています。こんなコインケースを持っていたら、周りの人が思わず二度見してしまうかも?小物にも手を抜きたくない…そんなこだわりのある男性にイチオシです。