大人のメンズだけに許される。贅沢な総コードヴァンの長財布 - YFC113_LTD

男性なら誰でも一度は持ってみたいと想わせる皮革・コードヴァン。使い込むほどにツヤが出てくるのは他の天然皮革と同じですが、コードヴァンのツヤめきは他の皮革とは違う!と革愛好家をうならせるのが、この素材です。そんなコードヴァンを内装にまで使用した長財布がこちら。まさに大人の男性だけに許された至高の長財布です。

革のダイヤモンド・コードヴァン

コードヴァンはカーフやブライドルレザーなどと違って、動物の皮の表面を使用したものではありません。馬の臀部の厚い表皮を削りとったあとに顔を出す、隠れたコードヴァン層と呼ばれる層をまるで発掘するかのようにして取り出すため『革のダイヤモンド』とも呼ばれています。 加工には手間と時間、そしてコードヴァン層を傷つけたりしないように熟練した職人の技が求められます。

さらに1頭の馬からごくわずかしか取れないこともあり、コードヴァンは高価な素材としても知られているのです。 このような希少価値の高い素材を財布の外装と内装、両方に使用したのがこちらの長財布。コードヴァンの繊細なツヤと美しさを生かすために小銭入れのない、純札タイプに仕上げました。まさに大人の男性のための究極の長財布と言えるでしょう。

コードヴァンの常識を覆す、グラデーション染め

コードヴァンは他の皮革に比べるとシミや汚れが目立ちやすいため、通常は顔料を使用して画一的な色合いに仕上がっていることが多くなっています。しかしYUHAKUではブランドの代名詞ともいえるグラデーション染めでより風合いを高めることに成功しました。

顔料染めのものでも美しいツヤが楽しめるコードヴァンですから、水性染料であればなおのこと個性的な表情を見せてくれるはず。エグゼクティブな雰囲気を漂わせながら、革の個性を日々育てていく楽しみを堪能できます。

ラグジュアリーな財布だからこそ気配りも忘れずに

透明感のある光と影が美しいコードヴァンは水に非常に弱い素材でもあります。難しいお手入れが必要ありませんが、水分の多いクリームを使ってお手入れすると、革の変質を引き起こすことがあるので要注意。このYUHAKUのコードヴァンにはコロンブス社のクリームBrilloなどがオススメです。高価なコードヴァンだからこそ、適切なお手入れを続けて長持ちさせたいですね。